摘発される違法メンズエステの特徴【摘発を回避するポイントも解説】

おすすめ記事 経営ノウハウ
Pocket
LINEで送る

最近、メンズエステ店が違法行為を行ったとして警察に摘発をされてしまう事例が多く見られるようになってきました。

摘発されないためにはどうすればよいのでしょうか?

今回は、摘発されるメンズエステの特徴や摘発事例、摘発を回避するためのポイント、セラピストによる違法行為の防止方法などを解説していきます。

※この記事ではわかりやすさの観点から、店舗の経営者・オーナー・店長のことをまとめて「経営者」と統一して記載しております。

メンズエステの違法店とは?

まずは、摘発対象となるメンズエステの違法店とはどのようなお店なのか解説していきます。

メンズエステは主に2種類に分けることができます。

風俗エステ メンズエステ
風営法の届出 あり なし
サービス内容 エステサービス+性的サービス エステサービスのみ

風営法の届出を出して風俗店であることを明確にしているメンズエステ店は、性的サービスを行っても摘発されることはありません。(=風俗エステ)

警察に摘発される可能性がある違法メンズエステとは、風営法の届出を出していないにも関わらず、性的サービスを提供しているお店です。

風営法による性風俗営業の定義

異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業

メンズエステの出店が増える一方で、違法行為を行うお店も増えてしまっているという実態があります。

メンズエステの摘発事例

摘発される原因のほとんどが、「非風俗メンズエステ」として営業しているのにも関わらず、風営法に抵触する行為を行ってしまったということにあります。

摘発事例を知ることで、どのような点が摘発に至る要因となったのかを理解し、風営法に抵触しない営業をすることが重要です。

下記で、いくつか摘発事例をご紹介します。

メンズエステ店装い禁止地域で風俗店営業の疑い 広島県警 5人逮捕

”5人は共謀し、8月5日と15日、店舗型の性風俗特殊営業が禁止されている中区鉄砲町のマンションの一室で、男性客2人にいかがわしいサービスを提供した疑い。”

引用:中国新聞デジタル

この事例では、店舗型性風俗特殊営業を営むことを禁止されているエリアで「性的サービスの提供」を行ったということが摘発のポイントとなります。

風営法の規定として、新規の店舗型風俗店の開業は事実上不可能です。

非風俗メンズエステとして開業したのにも関わらず、禁止エリアで性的サービスの提供を行ってしまえばたちまち違法営業となってしまいます。

禁止地域のビルで男性客に性的サービス提供疑い 個室マッサージ店経営の54歳女を逮捕 伊丹

”署によると、風俗店の口コミサイトで性的サービスを受けた客のコメントから発覚した。”

引用:yahoo!ニュース

この事例では、口コミサイトに性的サービスの提供に関する投稿がされたことにより摘発され、逮捕まで発展したということがポイントとなります。

警察が口コミサイトをチェックしているという事実を裏付ける事例ですね。

普段何気なくチェックしている口コミサイトですが、そこに書かれた一文がきっかけとなり、ある日突然逮捕されてしまうということもあり得るかもしれません。

「性的ではない」と太もも付け根付近をマッサージか Mエステ店が風営法違反疑い

”メンズエステ店で女性従業員に男性客の太ももの付け根付近をマッサージさせたとして、兵庫県警歓楽街総合対策本部と同県警姫路署などは2日、風営法違反(禁止地域営業)の疑いで、姫路市の自営業の男(45)を逮捕した。”

”同署の調べに「太もも付近のマッサージはしているが、性的なものではない」と容疑を否認しているという。”

引用:yahoo!ニュース

この事例では、あくまで「性的サービスではない」として太ももの付け根付近のマッサージをしていたのにも関わらず、摘発され逮捕まで至ったということがポイントとなります。

近年、風営法のグレーゾーンを利用した「鼠径部のマッサージ」が多くの店舗で取り入れられているかと思います。

しかしこちらの事例のように、いくら「性的サービスではない」と店側やセラピストが言い張ったところで、客や警察に「異性の客の性的好奇心に応じてサービスを提供している」と取られてしまえば、たちまち摘発対象となってしまう恐れがあります。

メンズエステ経営ナビのTwitterでは、最新のメンズエステニュースを投稿しています。
ぜひTwitterもチェックをお願いいたします!
https://twitter.com/menkei_jp

摘発されるメンズエステの特徴

上記の摘発事例を踏まえて、実際に摘発をされるメンズエステにはどのような特徴があるのでしょうか。

代表的なものだと下記が挙げられます。

店が性的サービスの指示をしている

店舗側からセラピストに対し、客への性的サービスの指示や強要を行うのは絶対にやめましょう。

摘発対象になるのはもちろん、摘発されたら経営者は間違いなく逮捕されることになるでしょう。

裏オプションがある

セラピストが裏オプションを行っている場合も摘発のリスクが高まります。

裏オプションの交渉時に金額面などで客とセラピストが揉めた場合、客が腹いせにマンションの管理会社や警察に通報するというケースが多く報告されています。

裏オプションに関する交渉の事実がある時点で、「性的サービスの提供の可能性」から摘発をされてしまうでしょう。

オプション名が過激

オプション名に性的サービスを感じさせる文言などを使用している場合も摘発のリスクが高まります。

文言から「異性の客の性的好奇心」に応じてサービスを提供していると取られてしまい、警察に目をつけられている可能性が高いです。

セラピストの写真の服装が過激

店舗のホームページやセラピスト個人のTwitterに投稿されている写真があまりにも過激な場合、「性的サービスの提供の可能性」から警察に目をつけられてしまいます。

胸の谷間やお尻などを強調していたり露出の多い服装をしているなども対象になります。

ネット上で違法行為についての書き込みが多い

警察は「爆サイ」「ホスラブ」のようなインターネット上の掲示板(口コミサイト)を見ています。

裏オプションや性的サービスなどの違法行為に関する書き込みが多い店は、警察に目をつけられているかもしれません。

通報やトラブルが多い

メンズエステ店はマンションの一室で営業を行っている場合が多いため、不特定多数の男女の出入りを不審に思われ、マンションの管理会社や近隣の住民から通報されてしまうケースが多くあります。

それに伴い、無許可物件を使用していたり、禁止地域での違法営業が発覚するケースが多いです。

また、客とのトラブルが多い店も警察に目をつけられているでしょう。

自分の店舗を掲示板(口コミサイト)でチェック!
★爆サイはこちら→ https://adsch.net/detail/?m=72
★ホスラブはこちら→ https://adsch.net/detail/?m=102

メンズエステの摘発が行われる流れ

警察は違法メンズエステ店を摘発する際、違法行為の事実確認をするために「潜入捜査」を行います。

下記が、警察の潜入調査の詳しい手順になります。

  • STEP.01
    ①警察官が客を装って来店する
    インターネット上の掲示板などを参考に、違法行為が行われている可能性が高いメンズエステに潜入捜査を行います。 警察官は一般のお客様と同じく私服で来店するため、見分ける術はありません。 潜入捜査を未然に防ぐことはまず不可能かと思います。
  • STEP.02
    ②施術中に性的サービスの要求をする
    お客様としてメンズエステに来店した警察官は、他のお客様と同じようにセラピストの施術を受けます。 通常通りの施術を受けながら、徐々にメンズエステでは絶対NGとされている性的サービスの要求をしてきます。 そこで、セラピストがお客様に対して日常的に性的サービスの提供を行っているかどうかの見極めを行います。
  • STEP.03
    ③複数のセラピストの施術を受ける
    性的サービスの提供を確認できた場合、一人のセラピストが個人的に違法行為を行っているのか、それとも店ぐるみで違法行為を行っているのかを判断するため、複数のセラピストの元にお客様として来店します。
  • STEP.04
    ④摘発
    複数のセラピストが違法行為を行っている事実の確認が取れれば、店ぐるみの犯行だと判断し、その店は摘発されます。

訪れたお客様が一般の方なのか、潜入捜査に訪れた警察官なのかを見分けることは不可能です。

ですので、セラピストは常にお客様からの過剰要求を断る必要があります。

摘発されたらどうなる?

警察に摘発をされてしまった場合、どのような罰則があるのでしょうか。

店・セラピスト・お客様で分けて解説します。

違法メンズエステとして摘発されると、その店は営業停止となります。

経営者は風営法違反容疑(風俗営業の無許可営業)で逮捕され、「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金」が科されます。

また、基本的に処罰の対象となるのは経営者ですが、店ぐるみでの違法行為が原因で摘発があった場合、お店のスタッフも逮捕される可能性があります。

セラピスト

店が摘発されたとしても、セラピストが逮捕される可能性はかなり低いです。

しかし、摘発をされたときに店にいたセラピストは、事情聴取のために警察署に連行されます。

処罰はなくとも「前歴」の記録が残る他、事情聴取後に身元引受人を呼ばないと行けない可能性もあります。

身元引受人には、親などの家族・職場の上司・恋人などがあたるため、摘発された場合、メンズエステで働いていることが周りの人たちにばれてしまうということは覚悟しておく必要があります。

お客様

基本的に客が逮捕される可能性はほとんどありません。

ただし、捜査の協力のため、警察から事情聴取を求められる場合があります。

また、客がセラピストに性的なサービスを強要していた場合は「強制わいせつ罪」に問われる可能性があります。

摘発を回避するためには

ここまでで、摘発されるメンズエステの特徴や、摘発の流れを知ることができたかと思います。

では、実際に摘発を回避するにはどうすれば良いのでしょうか。

性的サービスを提供しない

大前提として、非風俗メンズエステでの性的サービスの提供は絶対NGです。

また、経営者からセラピストに違法行為を強要することも絶対にやめましょう。

  • 性的サービスを提供するのであれば、必ず風俗業種として届出を出しましょう。

勘違いされることをしない

実際に性的サービスを提供することに加えて、「性的サービスがあると勘違いをされるようなこと」も控えるようにしてください。

店舗のホームページやセラピスト個人のTwitterでの過激な文言の記載、胸の谷間やお尻などを強調する過激な衣装を着用した写真の投稿など、「性的サービスの提供がある」と勘違いをされる要因になります。

最近ですと、「鼠径部のマッサージ」があたりまえのようになっていますが、「異性の客の性的好奇心」に応じてサービスを提供しているのであればこちらもNGです。

確実に摘発のリスクから逃れたいのであれば控えることをおすすめします。

過度なサービスがなくとも、マッサージ技術や接客、コンセプトで他店との差別化が図れるようになると良いですね。

誓約書を書いてもらう

お客様に「誓約書」を書いてもらうのも有効です。

客による禁止行為があった場合の注意事項を記載した誓約書を用意することで、店側は性的サービスを容認していないという証拠になります。

誓約書をもらっていたのにも関わらず違法行為の発覚により摘発されてしまった場合、セラピストの独断、または客による「強制わいせつ」だと証明することができます。

誓約書とは

提出者が何らかの事項を約束し、提出先に対し義務を負うことを書面化したもの。
誓約する者が一方的に提出する書面であるため、誓約する者のみ署名捺印します。

セラピストによる違法行為を防止するためには

いくら経営者が違法行為を禁止したとしても、セラピストが隠れて違法行為を行ってしまう場合もあるかもしれません。

例えセラピストが独断で行ったことだとしても、それを証明できなければ逮捕されてしまうのは経営者です。

では、もし万が一セラピストの独断により違法行為が行われてしまった場合、逮捕されないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか?

身分証を提出してもらう

セラピストが入店する際に、身分証を提出してもらいましょう。

身分証を提示できない人を雇う時点で、冷やかしや窃盗などのリスクを負う覚悟をしなくてはなりません。

身分証を控えておくだけでも、個人の特定をされているという危機感や責任感から、違法行為の抑止になります。

研修で徹底的に教える

メンズエステ未経験のセラピストの場合、初心者であることをいいことに、客が「他の店では普通」「みんなやっている」などと性的サービスを要求してくるケースが多くあります。

一人のセラピストが違法行為を行ってしまうと、客側から「性的サービスを容認している店」という認識を持たれてしまい、性的サービスを提供しないセラピストに対し、「他の子はしてくれた」等の言い分を述べるでしょう。

そうすると、健全に働いてくれているセラピストの迷惑になるだけでなく、店側や他のセラピストに対する不満が溜まってしまい、店内での関係性の悪化、退店、最悪の場合内部告発として警察に通報されてしまう可能性もあります。

ですので、性的サービスが違法行為であること、違法行為が発覚した場合即座に退店してもらうなどの旨を強く伝え、理解してもらうことが重要です。

契約を交わす

いくら店側から違法行為を禁止する旨を伝えたとしても、どうしても違法行為を行うセラピストが存在してしまうのも事実です。

ですので、違法行為の防止に加え、万が一セラピストが違法行為を行い摘発されてしまった時に逮捕されないためにも、経営者の指示ではないことを示す証拠を用意しておくことが重要です。

例として、セラピストと「業務委託契約」を結ぶのがおすすめです。

  • 業務委託契約とは、企業などの委託者が自社の業務の一部を外部に委託する際に、受託者との間で締結する契約

契約書には、「セラピストから客への性的サービスの禁止」「違法行為を行った場合の処遇」に関して記載しておくと良いでしょう。

セラピストが店に隠れて違法行為を行っていた場合、経営者が関与していないことを証明することで経営者が逮捕を逃れた事例がいくつか報告されています。

契約書とは

当事者双方の何らかの事項への合意を書面化したもの。
当事者双方が署名捺印します。

しかし、これだけの対策をしていても、違法行為を行ってしまうセラピストが出てしまうこともあるでしょう。

違法行為が発覚した場合は残念ですが、経営者自身の身を守るためにも該当セラピストには即座に退店してもらうのが摘発リスクを下げるための最善策となるでしょう。

一度そのようなことがあると、新しいセラピストを採用するのにも慎重になってしまいますよね。

良いセラピストを集めるには、良い求人サイトへの広告掲載が必要不可欠です。

自店舗に合った求人サイトの見極めを行い、継続的に広告掲載を行いましょう。

当サイトでも、広告掲載を活用したセラピストの求人方法に関してまとめていますので、ぜひこちらもご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「非風俗メンズエステ」が増加している一方で、少しでも多くの利益を出すために違法営業を行ってしまう店舗やセラピストが増えています。

しかし、摘発されて逮捕されてしまっては元も子もありません。

摘発されないためにも、摘発を回避するポイントを抑え、できるだけ健全な営業をすることを心がけましょう。

違法行為に手を染めず効率的にお客様の集客を行うには、より自店舗に合った集客サイトに広告掲載をするのが最善の方法です。

集客力に不安がある店舗は、ぜひ集客サイトで広告掲載をすることを考えてみてください。

下記の記事では、各エリアごとに反響のある集客・求人広告サイトをまとめております。

広告掲載に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。


メンズエステ経営ナビでは、様々なお問い合わせを受け付けております。メンズエステの経営や新店舗の開業、集客/求人サイトへの広告掲載、その他どんなことでもお気軽にお問い合わせください。また、返信までにお時間をいただく場合がございますのでご了承ください。
(定休日:土日祝日)

Pocket
LINEで送る