【経営者必見】メンズエステの集客方法8選!成功のポイントや注意点とは?

★おすすめ記事 経営ノウハウ 集客施策

メンズエステには競合が多く、他店といかに集客面で差を付けられるかが経営を成功させる肝になってきます。

しかし、集客方法についてあまり知識がなく、右も左も分からないという経営者やオーナー、店長さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、メンズエステの集客方法を8つご紹介します。

併せて集客成功のポイントもご紹介しますので、ぜひ店舗経営にお役立てください。

メンズエステ店の主な集客方法8選

メンズエステ店の主な集客方法を8つご紹介します。

ぜひ店舗運営の参考にしてみてください。

広告掲載

主流な集客方法のひとつとして「広告掲載」が挙げられます。

広告掲載には大きく「Web広告(リスティング広告&ディスプレイ広告)」と「ポータルサイトへの掲載」の2種類があります。

リスティング広告は、検索結果のページに表示される検索結果に合わせたテキスト形式の広告を指します。

GoogleやYahoo!などで検索をした際に、検索ページの上部や下部に「広告」と書かれたページがリスティング広告です。

ディスプレイ広告はサイトやアプリに表示される画像や動画の広告を指し、バナー広告とも呼ばれています。

Web広告には広告費用を自由に設定したり、効果測定やクリエイティブの変更などが容易というメリットがあります。

対してポータルサイトへの掲載には、ユーザーが集まりやすく高い集客力を期待できる、あるいは担当営業やコンサルからアドバイスを受けられる、期間を決めて掲載ができるといったメリットが挙げられます。

広告掲載は、広告費や期間、方針などを決めた上で、自店に合った方法を選択して効率的な集客を行うのが大切です。

SEO対策

SEO対策は「Search Engine Optimization」の略で、日本語だと検索エンジン最適化と呼ばれます。

わかりやすく言うと、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示させるための対策のことです。

競合の多いメンズエステにおいては、ユーザーの視覚に入る上位表示されている店舗にお客様が流れる傾向にあります。

そのため、SEO対策はメンズエステの経営において必須だと言えるのです。

メンズエステを検索するユーザーは「エリア名 メンズエステ」といったキーワードで検索する傾向にあります。

よって、エリア名+メンズエステで上位表示できると、広告費をかけずにユーザーを集客することができます。

制作会社や代理店にホームページ制作を依頼している場合は、SEO対策も併せて依頼できる場合があります。

効率的な集客のためにも、ぜひ一度相談してみましょう。

MEO対策

MEO対策とは、GoogleMap上で任意のキーワードで検索した際に自店を上位表示させる施策を指します。

MEO対策を行うと、自店へのアクセス数が増加し予約や問い合わせの絶対数を上げられます。

さらに、ユーザーはGoogleMapで情報の真偽性を図る傾向にありますので、信頼も高まるでしょう。

MEO対策はSEO対策と比べると比較的容易で、Googleマイビジネスに登録しておけばある程度の上位表示が可能です。

加えて、口コミが多い店舗は上位表示しやすいため、口コミを増やす施策を行ったり口コミに対して返信を行ったりするなどの対策方法があります。

店舗のSNS運用

X(旧Twitter)やInstagram、YouTube、LINEといったソーシャルネットワーキングツールでの集客もおすすめです。

SNSでお店を検索したり、お店の情報を調べて来店するか判断するユーザーは増加しています。

SNSをきっかけとして集客に繋がるケースは多くありますので、運用を行うに越したことはないのです。

中でもX(旧Twitter)は拡散性が高く、利用者数も多いので、最優先で始めるべきでしょう。

また、LINEは予約の受付ができるのに加え、店舗のキャンペーンをメッセージを通じて直接届けられるので積極的に利用するのがおすすめです。

詳しくは以下の記事でも解説しておりますので、ぜひご確認ください。

セラピストのSNS運用

セラピスト個々人のSNSアカウント運用も集客には効果的です。

事実、個人アカウントでユーザーと直接やり取りをしたり、出勤情報を発信したりしているセラピストはたくさんいます。

セラピスト個人のアカウントがあればお客様に直接働きかけ集客ができるのです。

また、普段からアカウントを動かしていればセラピストのファンを作れたり、顧客からの信頼度も増したりします。

ぜひお店だけではなくセラピスト個々人のアカウントを運用し、効率的な集客に繋げましょう。

メンズエステ店の中にはSNSアカウントの運用にあたって、セラピストにSNS手当てを渡しているお店もあります。

このようなセラピストにとってのメリットも用意すると、セラピスト自身も前向きに検討してくれる可能性がありますよ。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、影響力を持つ人(SNSのフォロワーが多い人、有名人など)に宣伝・PRしてもらい集客力や売上の向上に繋げるマーケティング施策です。

インフルエンサーはユーザーからの信頼を得ているため、拡散力が高いだけではなく興味関心や予約行動に繋がりやすいというメリットがあります。

さらには広告よりも宣伝感が少なくユーザーに警戒心が生まれにくかったり、情報の感度が高いユーザーにのみ訴求できたりするのも利点だと言えるでしょう。

メンズエステのユーザーに働きかけられるインフルエンサーは限られてきますが、フォロワーの多い同業者・セラピストに絡んで拡散してもらうのも手段のひとつです。

まずはフォロワーの多い同業者アカウントを狙って宣伝を依頼してみましょう。

オウンドメディアの運用

オウンドメディアは、自店で運用するWEBメディアの総称です。

メンズエステで運用できるもので言えば、公式ホームページやブログなどが挙げられます。

オウンドメディアには自社公式ホームページへのSEO対策や流入アップなどのメリットがあります。

ぜひオウンドメディアの導入も検討しましょう。

オフライン集客

チラシ配り、ポスティングなどのオフライン集客も有効な方法のひとつです。

現在はどんな業種もネットでの集客が主流となっていますが、オフライン集客だからこそのメリットも複数あります。

たとえば、チラシはエリアやユーザーを絞って訴求できるため、無駄なく集客ができます。

また普段ネットを利用しない層に訴求できるのも大きなメリットでしょう。

店舗のある地域に絞って、オフライン集客の検討もおすすめします。

集客を成功させるポイント

集客方法はご紹介いたしましたが、実際に集客が成功しなければ何も意味がありません。

そこで、集客を成功させるポイントpan>も併せてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

コンセプトを明確にして差別化する

メンズエステの集客を高めるために、コンセプトを明確にして他店舗と差別化するのがポイントです。

メンズエステは全国、各エリアに多数あるため、他店とどう差を付けられるかが売上に直結します。

ルームの雰囲気やセラピストの衣装、施術内容、広告・HPのデザインなど、あらかじめコンセプトに沿った明確な店舗設計をすることが重要です。

自店独自の強みや専門性を持つことで、競合と差別化を図れて埋もれないお店を実現できるでしょう。

コンセプトの決め方に関しては今後記事を投稿予定です。

ターゲットを明確にする

メンズエステの集客においては、ターゲット層を明確にするのも重要なポイントのひとつです。

ターゲット層が明確であれば、より効果的な集客ができます。

なぜなら、設定したターゲットに向けて効果的にアプローチができ、見当違いな集客戦略にリソースを費やさずに済むからです。

ターゲット層の設定方法としては、顧客の年齢層・職業・趣味・年収などを具体的にしてペルソナを設計するのが基本です。

ペルソナに合わせてサービス内容、イベント、広告掲載におけるターゲティングなどの集客戦略を展開していきましょう。

集客広告のページを作り込む

集客広告のページを作り込むのも、効果的な方法のひとつです。

広告ページが作り込まれているかどうかは、集客効果に直結します。

ファーストビューを意識したテキスト・画像配置、キャッチコピーや訴求文のクオリティなど、集客効果を高めるために追及すべき要素は多数あります。

粗雑な広告ページだと集客効果が低く、広告費が無駄になってしまうおそれがあるため、注意が必要です。

店舗HPのデザイン性・機能性を追求する

店舗HPのデザイン性・機能性を追求するのも集客に繋がる大切な要素です。

店舗HPはユーザーがポータルサイトやSNSと併せてチェックするものです。

粗雑な作りだと、サービスの質やお店の品質にまで不安を植え付けてしまいかねません。

また検索エンジンからの新規顧客獲得、機能性の充実による利用促進なども期待できます。

デザイン性・機能性が損なわれていると、こういったメリットが十二分に発揮されないどころかむしろユーザー離れに繋がってしまいかねません。

デザイン性・機能性にこだわった店舗HPを作成し、集客力アップに繋げましょう。

集客における注意点

集客はただむやみに行えばいいわけではなく、注意点を押さえておく必要があります。

以下で紹介する注意点を押さえ、集客の成功に繋げましょう。

新規だけでなくリピーター集客も必要不可欠

新規だけではなく、リピーター集客も必要不可欠な要素です。

「事業売上の8割はリピーターが作る」という言葉もあり、メンズエステ経営においてリピーターの獲得は非常に重要です。

メンズエステ店の集客においては新規とリピーターは3:7が目安と言われており、リピーターなしにお店の経営は成り立ちません。

また既存顧客の維持にかかるコストは新規獲得の5分の1程度のため、リピーターの獲得は利益率が高い点でもメリットがあります。

リピーター集客の施策に関しては以下のページで詳しく紹介しておりますので、併せてご一読ください。

やみくもに集客施策を打たない

やみくもに集客施策を打たないというのも、注意すべきポイントのひとつです。

手当たり次第に施策を打っても思ったような成果が出ないばかりか、費用や労力が無駄にかさんでしまう懸念があります。

限られたリソースを最大限に活かすためにも、戦略的に集客施策を打つのが大切なのです。

たとえば効果の薄い複数のポータルサイトへ広告掲載するのではなく、業界に特化していてより効果が見込めるポータルサイトに絞って掲載するといった方法は効果的です。

またSNSを複数運用するのではなく、自店のターゲット層となるユーザーが多いSNSに絞って運用するのも戦略のひとつです。

戦略的な施策を実践して、効率的に集客を行いましょう。

法律違反にならないように注意する

当然のことですが、法律違反にならないように注意するのは大前提です。

集客効果が高いからといって法律に違反してしまうと、摘発されるリスクが伴います。

実際に、メンズエステ店の摘発は相次いで起きているので、法律を遵守した上での集客を行いましょう。

たとえば、男性客の需要があるからといって性的なサービスの存在をほのめかしたり、露出の高い衣装をポータルサイトや公式HPに載せたりする行為は風営法違反となります。

長期的な経営のためにも、リスクを避け法律を遵守した集客方法を実践しましょう。

集客に困ったらプロに相談するのも手

メンズエステの集客は、競合が多く難しいのが現実。

効率的な集客で経営を円滑に進めるためには、プロに相談するのもおすすめです。

メンズエステ経営に携わる方は、ぜひ今回ご紹介した集客方法を参考にしつつ広告出稿を検討してみてください。

メンズエステ経営ナビでは、様々なお問い合わせを受け付けております。

よくあるお問い合わせ
  • 経営について相談したい
  • 新店舗の開業について相談したい
  • 集客/求人サイトへの広告掲載のご希望
  • お店のHPを作成したい
  • おすすめの広告サイト・広告代理店・HP制作会社を紹介してほしい※紹介料無料
  • その他メンズエステの経営に関して相談したい

このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひメンズエステ経営ナビまでお問い合わせください!

まとめ:効率的かつ効果的な集客方法で経営を成功に導こう

メンズエステの集客方法や、成功させるポイントについてご紹介しました。

競合の多いメンズエステ経営は、かなり難易度が高いと言わざるを得ません。

しかし、工夫次第で競合に差を付けることは可能です。ぜひ集客方法を工夫して、経営の安定化を実現しましょう。

なおメンズエステ経営ナビでは、様々なお問い合わせを受け付けております。

メンズエステの経営や新店舗の開業、集客/求人サイトへの広告掲載、その他どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


メンズエステ経営ナビでは、様々なお問い合わせを受け付けております。メンズエステの経営や新店舗の開業、集客/求人サイトへの広告掲載、その他どんなことでもお気軽にお問い合わせください。