メンズエステのリピーターを増やす集客術6選!繫盛店の施策例もご紹介

経営・開業ノウハウ
Pocket
LINEで送る

1回の利用でおよそ1万円以上の料金がかかるメンズエステにおいて、お客様にリピートしてもらうのは簡単ではありません。

しかし売上を安定させたり収入を増やしたりするにあたって、リピーターの獲得は必要不可欠。

そこで今回は、メンズエステのリピーターを増やす集客術6選と繁盛店が行っている施策例をご紹介します。

リピーターを増やしたいと考えているメンズエステ経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

メンズエステにおけるリピーターを増やすための集客術6選

メンズエステにおいて、リピーターを増やすために有効な集客方法を6つご紹介します。

ぜひ一読してみて、自店で取り入れられるか検討してみてください。

1.アンケートを実施してサービスの質を見直す

アンケートを取ってユーザー目線からサービスの質を見直すことで、リピーターの増加に繋げられます。

初回来店のお客様にリピートしてもらうには、「また利用したい」と思ってもらえるような満足度が高いサービスの提供が必要です。

そこでアンケートは、サービスにおける課題を洗い出したり利用客の満足度を計ったりするのに役立ちます。

接客面をはじめお店の雰囲気や施術内容などについて、ユーザー視点から改善点や要望をヒアリング可能。

また利用客にサービスを改善する前向きな姿勢をアピールできるほか、評価を受けた店舗運営者やセラピストの意識の向上にも期待できます。

そうしてアンケートを実施した結果として、サービスの質が高くなるほどリピーターの獲得が見込めるでしょう。

2.お礼日記を忘れず一人ひとり丁寧に書く

利用客一人ひとりにお礼日記を書くのも、リピートしてもらうのに有効な手法です。

お礼日記とは、セラピストが接客した利用客に対して写メ日記で感謝を伝えること。投稿を読んだお客様に喜んでもらえれば、リピートに繋がります。

またお礼日記は、お客様ごとに内容を書き分けるのと利用から時間を空けずに投稿するのがおすすめです。

「自分のことだ!」という特別感を煽れたり、関心が大きいうちに目にする方が反響が出やすかったりします。

投稿内容については、以下の話題を参考にしてみてください。

投稿内容
  • プレイ内容
  • お客様の印象
  • お客様との共通点
  • 次回の来店
  • 頂いた差し入れ
  • 会話の中で登場した趣味やアイテム など

ただセラピストからすると接客の都度お礼日記を更新するのはかなりの手間になるので、実施にあたってお店側からの呼びかけも重要です。

ルール化や手当を設けるなどして、セラピストにお礼日記の更新を促しましょう。

3.次回以降から使える割引クーポンを配布

割引クーポンを次回以降から利用できる条件に設定して配布することで、リピーターの獲得が可能です。

クーポン配布は、飲食店や家電量販店など幅広い業界で導入されている集客術の一つ。即効性があったり客単価が上がったりと、様々なメリットがあります。

加えて「次回以降から利用できる」という条件を設定すれば、利用客がリピートするきっかけになるわけです。

特典内容については、売上や反響の良さを見ながら検討すると良いでしょう。

4.動機を付けて利用客に口コミ投稿を促す

なんらかの動機を付けて利用客に口コミ投稿を促すことも、リピート率の向上に繋がります。

なぜなら口コミを投稿したユーザーはお店の印象が残りやすく、風俗店選びの際に候補に上がりやすくなるからです。

さらにお店が口コミに返信を行っている場合は、投稿以降お店への関心が高まるうえに返答によっては愛着や好意といったエンゲージメントの向上にも期待できます。

ただし口コミ投稿は手間がかかるため、声かけ程度では利用客は対応してくれません。

そこで有効なのが、「口コミ投稿で次回割引クーポンの配布」といった特典を設けることです。

うまく動機付けができれば、口コミ投稿を促進してリピーターを増やせるでしょう。

▼口コミ機能がある広告媒体はこちら

5.会員限定の先行情報を積極的に配信する

会員限定の先行情報の積極的な配信は、既存顧客に向けたリピートの促進や離反抑制に有効な手法です。

ユーザーは利用から期間が空くほど、お店の印象が薄くなっていく傾向。

しかしお店からの配信がある度に意識してもらえるため、認知切れによる離反を防げます。

また会員限定の先行情報として「お得感・特別感」のある情報を配信すれば、既存顧客がリピートするきっかけづくりも可能です。

6.イベントや新メニューで飽きられない工夫をする

イベントの開催や新メニューの考案といったユーザーに飽きられない工夫は、リピート数の増加にも繋がります。

魅力的な取り組みが利用のきっかけになるのはもちろん、新鮮さは常連客のマンネリ化も防止できるのがメリットです。

またイベントに限って言えば短期的な取り組みなので、反響をもとにより成果が出るようブラッシュアップしていけます。

たとえ失敗しても損失が少なくて済むからカバーしやすく、取り入れやすい集客術です。

市場や競合店の動向を定期的に調査し、トレースできるものがあればぜひ積極的に取り入れてみてください。

リピーター20%増を達成した某繫盛店から学ぶ施策例

本章では、某繁盛店がリピーターを20%増やした施策例をご紹介します。

いずれもリピーター獲得に繋がる理にかなった施策なので、ぜひ一読してみてください。

まずはリピーターの重要性について内部で意識統一

まず初めに行ったのは、リピーターの重要性について従業員全体で意識統一するという施策

運営を担うスタッフはもちろんサービスにあたるセラピストも含めて、2回目の来店を促すことの大切さを強く意識させたそうです。

なぜなら2回来店したお客様のなんと80%が、3回目の利用に繋がるからです。

初回利用客に対して「どうせ今回限りだ」というマインドより、「次も来てもらえれば3回目もある」という意識で接客にあたる方がサービスの質が高くなるのは明白でしょう。

つまり意識改革を行ったことで、自然とサービスの質が向上しリピートに繋がったというわけです。

考え方を「自店舗を思い出してもらう方法」にシフト

顧客心理に着目し、「自店舗を思い出してもらう方法」に考え方をシフトしたのもリピート数増加に繋がっています。

リピーターを獲得する手法を考えてみると、サービスの質の向上やイベント開催などが真っ先に思い浮かぶ方は少なくないでしょう。

しかし実際お客様が来店しなくなった理由を聞くと、「お店のことを忘れた」という人が80%を占めているそうです。

そこで某繁盛店は「自店舗をいかに思い出させるか」に考え方をシフトし、結果的に効率よくリピーターが獲得できました。

開封・読了されやすいSMSを使ってターゲティング配信

自店舗をユーザーに思い出してもらうという考え方のもと実施した施策が、SMSのターゲティング配信です。

よくあるのはSNSやメルマガを使った配信ですが、某繁盛店では登録の必要がないSMSで行ったのがポイント。

SMSはブロック機能がないうえに、利用頻度が少ないからメルマガのように埋もれません。

つまり開封・読了されやすいため、お店から連絡を送るにあたって非常に効率の良い手段というわけです。

SMSを活用した配信を行ったことが既存顧客のリピートを促し、リピーター20%増を達成しています。

違法行為(風俗行為)によるリピート狙いは厳禁

メンズエステ業界ではリピーター獲得に向けた様々な施策が見られますが、違法行為(風俗行為)は厳禁です。

もし行ってしまうと取り返しのつかない事態を招いてしまうため、経営者はもちろんセラピストも認識を徹底しておく必要があります。

メンズエステでの性的サービス提供は風営法違反

風俗店としての届出をしていないメンズエステでは、性的サービスの提供は認められていません。

そのためメンズエステでの性的サービスは風営法違反に該当し、発覚した場合は法的な処罰が降ります。

お店は営業停止になり、経営者は逮捕。

セラピストが逮捕される可能性は低いですが、事情聴取をされて「前歴」が残ったり違法行為に加担していたのが身元引受人にバレてしまったりする恐れがあります。

性的サービスの提供は厳禁ということを認識したうえで、ぜひ下記の記事にも目を通して入念な対策を取り入れてみてください。

「セラピストが勝手にやった」は通用しない

仮に違法行為が発覚した場合、理由として「セラピストが勝手にやった」という言い逃れはできません。

なぜならお店が摘発されると、セラピストも事情聴取を受けるからです。

それに警察はメンズエステの摘発にあたり、入念な潜入調査を行っています。

一般客を装ってお店を利用し、複数のセラピストにわざと性的サービスを要求して応じるかを確かめるという調査です。

そのため違法行為が店舗全体で行われているのか、セラピストの判断によるものなのかは、検討が付いている状態で摘発しています。

いずれにしろ発覚した場合は最悪の事態を引き起こすので、提供しないように努めましょう。

まとめ:集客術を実践してリピーターを増やそう

メンズエステのリピーターを増やす集客術と、繁盛店の施策例をまとめました。

リピーターを増やしたいなら、新規客と同じ集客のやり方・考え方では効果が見込めないということが本記事を通して分かったかと思います。

ぜひ本記事でご紹介した、リピーターが増える集客術や施策を取り入れてみてください。

うまくリピーターが増えていけば、売上の安定や向上に繋がるはずです。


メンズエステ経営ナビでは、様々なお問い合わせを受け付けております。メンズエステの経営や新店舗の開業、集客/求人サイトへの広告掲載、その他どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る