【メンズエステ経営・開業】広告掲載を活用したセラピスト求人方法!求人サイトの選び方

【メンズエステ経営・開業】広告掲載を活用したセラピスト求人方法!求人サイトの選び方

ノウハウ記事
Pocket
LINEで送る

セラピストの求人ってどうすればいいんだろう…?と迷っていませんか。

メンズエステ(メンエス)の運営を行う為にはセラピストは必要不可欠です。

いいセラピストの確保は店舗の売上アップにも直結してきます。

広告掲載

広告掲載がメンズエステ求人募集の王道の方法となります。

広告掲載の基本について紹介します。

もちろんメンズエステの集客方法も同様の流れです。

広告掲載の流れ

メンズエステ求人・集客に共通する事柄です。

  • STEP.01
    サイトを探す
    予算に合わせて掲載したいサイトを選択。
  • STEP.02
    申し込み
    直接申し込むか、代理店経由での申し込み方法があります。
  • STEP.03
    審査
    サイトによって審査の基準は異なります。
  • STEP.04
    掲載スタート
    掲載するために誓約書が必要なサイトがあります。

メンズエステ求人の広告サイトの選び方

メンズエステで働きたい女性に求人を見てもらうためには、求人サイトの選び方も重要になります。

知名度が高い大手の求人サイト、地域密着型の求人サイト、フリーペーパーなど、誰でも見ることができるサイトに載せられるのが理想です。

しかし、メンズエステ店はグレーな職業として一括りにされることが多く、一般的な求人サイトに掲載することが難しいのが現状です。

求人募集するためには、メンズエステ専用の求人サイトに掲載する必要があります。

もし、メンズエステ経営に詳しい方がいる人は、その方にオススメの求人サイトを教えてもらうのがいいでしょう。

「相談できるメンズエステ経営に詳しい人が身近にいない……」

そんな人はどうすればいいのでしょうか。

① SEOが強い求人サイトを選ぶ

SEOが強いかどうか調べるためには、下記のキーワードで自分で検索をかけてみてください。

「メンズエステ求人 〇〇〇」(〇〇〇には出店するエリア名が入ります)

例)「メンズエステ求人 品川」

検索結果の上位に表示されているサイトがSEOが強いサイトです。

検索の上位にくる求人サイトは、メンズエステの求人を探している人に見られやすいサイトと考えて間違いありません。

SEO(エス・イー・オー)とは
「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略称。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードが検索された場合に、検索結果が上位に表示されるようにすることです。

② セラピストを募集するエリアで有名なサイトを選ぶ

よく利用されているサイトに求人を出した方が、セラピストの求人を探している女性に見てもらえる可能性が高くなり、求人の応募へ繋がりやすくなります。

大手のサイトは単純に利用している人が多いので掲載を検討してもいいでしょう。

また、地域密着型サイトは大手のサイトに比べて利用者は限られてきますが、そのエリアに住んている女性が見ているので、大手サイトで広告が埋もれてしまうよりは、求人の応募の可能性はあります。

店舗を出すエリア(都道府県)によって、どの求人サイトに掲載した方がいいのか変わってきます。

大手のサイト・地域密着型のサイトの両方を上手く利用しましょう。

どんなサイトがあるのか分からない時は、広告サイトを紹介しているサイトがいくつかありますので、見てみてください。

このコラムでは、2サイト紹介します。

「アドサーチ」

メンズエステのサイトも豊富に取り揃えられています。

風俗の求人集客サイトもありますが、非風俗メンズエステの求人集客サイトが136サイトも取扱いされており、地域密着型のサイトも取り上げられています。

下記の方法で、スマホでは絞り込み検索ができ、エリアで掲載できるサイトを見ることも可能です。(PCでは画面の左側で検索ができます)

アドサーチメンズエステ画面
アドサーチメンズエステ画面2

「メンズエステ求人サイト 比較・ランキング」

ランキング形式で求人サイトを紹介しているページです。

サイトの評価が一目でわかるようになっています。

紹介サイトの数が少ないのと、地域密着型のサイトは載っていません。

広告代理店に相談する

沢山のサイトがある中でどんなサイトがいいのか決められない場合、広告代理店に相談するという方法もあります。広告代理店を利用するメリットを3つ紹介します。

①適切なサイトの紹介

どのサイトが適しているのか、広告予算を加味したうえで沢山のメンズエステサイト中から選んで紹介してくれます。

サイトが行っているキャンペーンの案内もしてくれるので、自分で調べなくてもお得な情報をつかむことができます。

②複数のサイトに簡単に掲載できる

自分でサイトの契約をすると、各サイト毎に毎月のお支払が発生し、手間や振込の手数料がサイトの数だけ掛かる場合があります。

しかし広告代理店を利用すれば、複数のサイトに掲載しても広告代理店に掲載料金を支払えばいいのでその分手間が省けます。

③コンサルをしてくれる

相談事があったら、広告代理店の担当者に相談ができます。

効率の良い広告掲載の仕方も相談でき、よきパートナーになってくれます。

メンズエステサイトの掲載条件・審査で見られるポイント

メンズエステサイトを掲載するためには、掲載条件を達成ていることと、審査をクリアしなければいけません。

サイトによって基準は異なります。必ずメンズエステ店舗の「オフィシャルHP」か「オフィシャルブログ」のどちらかが必要になります。

サイトの運営はオフィシャルHP・ブログを見て掲載可否を判断しています。また、SNSの投稿内容も審査対象にしているところもあります。

メンズエステ専用サイトは特に厳しく、風俗も掲載しているサイトの審査は優しい傾向があります。

掲載条件と審査基準の一例を紹介いたします。

掲載条件
  • 店名が決まっている
  • 営業する場所が決まっている
  • 料金システムが表示されている
  • 開通している営業用の電話番号が表示されている
  • 出勤情報
  • 店舗の利用方法
  • 施術コース
  • 求人情
審査基準(サイトによって基準は異なります)

性的な行為を一切行っていないか厳しく審査されます。

★ 風俗を連想させる店舗紹介や施術内容はNG
例1)セラピストの画像に下着が映っているのはNG
例2)施術項目にフェザータッチ・洗体・アカスリ・添い寝・ビンタ・等が含まれているのはNG
例3)性的興奮を覚えるようなサービスを表現する語句・施術
★ 体験記事や体験談が書かれているサイトへのリンクNG
★ セラピストの画像が露出が多いもの・男性が性的な興奮を覚えるものはNG
例)バスタオル/ガウン姿等

誓約書の提出

審査が通り広告の掲載が決定したら「誓約書」をサイトの運営に提出します。

簡単に誓約書の内容を説明すると、「性的なサービスは一切行わず、健全なエステサービスを提供します」ということです。

性的な行為を行う場合、風営法に基づき「性風俗特殊営業」の届出を出して営業をしますが、メンズエステは届出書を出さなくても営業はできます。

しかし、風営法は風俗の基準として「異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業」と定めており、メンズエステはグレーな業種としての位置づけとなっています。

そのため非風俗のメンズエステサイトに掲載する場合は「誓約書」が必要になってきます。

メンズエステ求人はどのぐらいのサイト数で掲載した方がいいのか

少なくとも有料掲載のサイト1~2個。

無料掲載のサイトは複数のサイトに掲載するのが良いでしょう。

1サイトの求人掲載で十分なセラピストの人員確保ができるのが理想ですが、現実はそうもいきません。

セラピストに高いレベルを求めている場合はなおさらです。

メンズエステ店のオープン前などの複数人のセラピストが必要な場合は特に複数サイトのに求人を掲載をしましょう。

メンズエステ専用サイトの有料掲載は1サイト2万円前後します。

お金がかかる分、求人の露出度があがり、メンズエステ求人を探している女性へのアプローチにつながります。

どの求人サイトを有料掲載にして、どの求人サイトを無料掲載にするかは、予算に合わせて決定したり、よく利用されている媒体を基準に選ぶことをオススメします。

どうしても迷う場合は広告代理店に相談してみてください。

サイトによっては一ヵ月無料で掲載できたり、求人と集客の広告が載せられたりと様々なキャンペーンが組まれています。

キャンペーンを上手く利用して広告を掲載しましょう。

1サイト何人のセラピストを採用出来たら成功なのか

「1サイトで月に1人、良い子が採用できたらラッキー」と考えていいでしょう。

運営するメンズエステ店のコンセプトにもよりますが、高級店としてセラピストを採用する場合は、セラピストの採用基準も厳しいものになるでしょう。

高級店ではなくても、良いセラピストを採用できれば店舗の利益へ繋がります。

他店と比べてセラピストへの待遇が良ければ、応募も増える場合もありますが、1サイト(有料掲載2万円前後)で月に1人採用出来たら成功でしょう。

まとめ

メンズエステ求人募集の広告掲載編はいかがでしたでしょうか。

沢山のメンズエステ用の広告サイトがあるので、どのサイトに掲載しようか悩むことがあるかもしれません。

まずは広告にかけられる予算を明確に決めましょう。


メンズエステ開業に関してや、集客求人媒体についての何かございましたらお気軽にお問い合わせください。(定休日:土日祝日)返信までにお時間を頂く場合がございます 。

 

Pocket
LINEで送る