メンズエステ開業の流れとポイント

経営ノウハウ
Pocket
LINEで送る

近年、男性をターゲットとしたエステサロンである「メンズエステ」が増加傾向にあります。

若年層だけでなく、幅広い年代の男性から注目を集めており、その需要はどんどん高まりを見せています。

参入しやすい業界でもあるため、メンズエステを開業したいと考える方も増えていることでしょう。

また最近では、他メンズエステ店でのセラピスト経験を活かし、満を持して独立!という方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、メンズエステ開業の流れとポイントを解説していきます。

メンズエステとは

「メンズエステ」とは男性向けのエステサロンのことです。

下記がメンズエステサロンの代表的な種類になります。

  • フェイシャルエステ
  • 痩身エステ
  • 脱毛エステ
  • リラクゼーションエステ

当サイトでは「リラクゼーションエステ」を行うメンズエステの開業や経営についてのノウハウを紹介をしています。

※性的なサービスがあるエステの開業や経営のノウハウサイトではありません。

◆開業のハードルは意外と低い?

メンズエステ開業のハードルは、デリヘルなどの風俗業種に比べてかなり低いと言われています。

その4つの理由をご紹介します。

①資格は必要?

メンズエステを開業するのに、特別な資格は必要ありません。

学歴や経験、資格の有無に関わらず開業することができます。

資格取得が必須の業種ですと、資格を取得するための勉強に費やす「時間」や、教材を購入したり受験をするための「お金」が必要になります。

しかし、メンズエステの開業では資格を取得する必要がないため、コストを抑え、気軽に始めることができます。

これだけでも開業のハードルが大きく下がり、始めやすいと感じる方が多いのではないでしょうか。

セラピストに資格は必要?

メンズエステでは、働くセラピストにも特別な資格は必要ありません。
なぜならメンズエステでは、あくまで「癒やし」を提供することが目的のため、医療行為を行うわけではないからです。 セラピストは、オイルなどを使用したマッサージを行うのがメインとなります。 ですので、基本的なエステ技術とコミュニケーション能力さえ備えていれば、十分に活躍をする事が可能です。

②開業資金が圧倒的に少ない?

メンズエステ開業のためには、開業前の準備に必要な「初期費用」と、開業後にお店を経営していくために必要な「運営費用」が必要になります。

下記で、内訳の例をご紹介します。

 
【初期費用】内訳例 相場
物件取得費 120万円~
備品 20万円~
広告宣伝費 30万円~
HP制作費 3万円~
【初期費用】合計 173万円~
   
【運営費用】内訳例 相場
人件費 ※売上の50%が目安
賃貸料 ※物件の契約状況による
水道光熱費 ※物件の契約状況による
消耗品費 10万円~
広告宣伝費 30万円~
HP運用費 1万円~
【運営費用】合計 ※部分+41万円~

以上がメンズエステ開業のために必要な、初期費用と運営費用の内訳の例になります。

メンズエステ開業のために必要な費用は、デリヘルなどの風俗業種の費用に比べ、圧倒的に安い金額になります。

下記は、初期費用の相場を比較したものになります。(※一例)

メンズエステ 173万円~
デリヘル 300万円~

では、なぜこんなにも違いが出るのでしょうか?

③と④でご説明します。

※費用の相場は、エリア・時期・店舗によって変動がございますので、あくまで一例としてご覧ください。

③届け出は必要?

メンズエステを開業する際は、届出をする必要がありません。

「性風俗特殊営業」とされる風営法に抵触するサービスを提供するお店を開業する場合、管轄の警察署への届出が必要になります。

さらに、届出後に警察官が立入検査を実施する場合もありますので、その場合は専門家に依頼をして、必要となる図面や資料などの書類を準備することになるので、その分の費用も発生します。

そのため、届出費用だけでもかなり高額な出費になってしまいます。

風営法に抵触するサービスとは?
「異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業」と定められています。

それに対しメンズエステは、あくまで「非風俗」のため、開業の際に届出をする必要がありません。

手間を減らすことができるのはもちろん、開業のための初期費用もその分削減することができます。

※ここでの「届出」とは、「性風俗特殊営業営業開始届出書」のことになります。
開業の際に税務署に提出する「開業届」のことではございませんのでご注意ください。

④送迎費用が不要?

メンズエステでは、セラピストを送迎するための費用が発生しません。

デリヘルなどの風俗店では、キャストをお客様のいるホテルなどに送迎する必要があります。

ですので、 下記の費用を用意することになります。

初期費用 送迎用車両の購入費用
運営費用 ドライバーの人件費

それに対しメンズエステは、マンションの一室を借りて営業することが多いため、セラピストの送迎のための車やドライバーが必要ありません。

メンズエステの開業であればその分のコストがかからないというのは、かなり大きなメリットになるかと思います。

メンズエステ開業のメリット

いかがでしたでしょうか。

以上の理由から、メンズエステ開業のハードルは他業種に比べ圧倒的に低いと言われています。

集客・求人の手段をしっかりと抑えることで、ある程度安定した売上を築きやすいのもメンズエステの特徴です。

集客・求人方法のポイントに関しては後ほどご説明します。

メンズエステ開業のメリット
  • 経営者もセラピストも資格が不要
  • 開業資金が圧倒的に少ない
  • 届出が不要 ※性風俗特殊営業営業開始届出書
  • 送迎用車両の購入費用とドライバーの人件費が不要

メンズエステの開業についてもっと知りたい方は、ぜひこちらからお問い合わせください。


開業に向けた準備とポイント

ここからは、これからメンズエステを開業する人向けに、開業前の流れとポイントをご紹介していきます。

出店場所を決める

メンズエステは他業種に比べ開業しやすいため、人気エリアでは需要に対して供給過多な状態が続いています。

そのため、人気エリアではユーザーの取り合いが起き、競争に負けてユーザーを獲得することができず、せっかく開業したのにすぐに廃業してしまうというケースが多くあります。

よって、ただ単に人気エリアに出店するだけでは安定した売上の確保は見込めない可能性があります。

ですので、出店場所を決める際は、念入りに周辺の競合店のリサーチをすることが重要です。

  • 周辺に競合となるメンズエステ店や風俗店はどれくらいあるのか?
  • 周辺に居酒屋などのお店があるかどうか?
    (お酒を飲んだ流れでメンズエステに訪れるという方も多いので)

このようなところをチェックするようにしましょう。

実際に自身で足を運んでみて、周辺の雰囲気をチェックするのも大切です。

以上を考慮した上で、より自身の店舗にあった出店場所を決定してみてください。

お店を繁盛させる上で重要なのは 「アクセスの良い立地であること」だということはどの業界においても変わりませんので、ここだけはポイントとして抑えてほしいと思います。

物件を決める

原則として、メンズエステ開業の際は商業利用可能の物件を選びましょう。

事業を行うわけですので、無許可での営業は当然「契約違反」になります。

しかし、 実際のところ無許可で営業してる店舗も少なくありません。

ですが、 不特定多数の男女の出入りがあることから、メンズエステを営業していることが近隣住民やオーナーにバレてしまい、トラブルとなり退去を求められてしまう事例が多く報告されています。

最悪の場合ですと、即刻警察に通報され「摘発」をされるなどの事例が発生しています。

これらのリスクを考えると、当然、許可物件を選ぶ方が安全ですよね。

安定した営業を行うためにも、商業利用可能の物件を選ぶようにしましょう。

コンセプトを決める

ユーザーに興味を持ってもらい、ニーズに答えるためにも、店舗のコンセプトを明確にすることを心がけましょう。

「ユーザーが求めているものは何か」を事前に調査し、あらかじめ集客したいターゲットを明確にしてからコンセプトを決定するのがポイントです。

ルームの内装も、店舗のコンセプトに沿ったものにすることが重要ですので、家具や備品を揃える際に意識してみてください。

  • 集客・求人では他店との差別化を図るため、自店舗のコンセプトを強みとしてアピールすることを忘れずに!

お店のHPを用意する

コンセプトが決まったら、店舗のオフィシャルHPを用意しましょう。

店舗の顔となるコンテンツですので、こだわってページを作成しましょう!

オフィシャルHPの準備に関しては、こちらの記事で詳しくまとめております。

セラピストを集める

セラピストを集めるには、まずは求人サイトへの広告掲載が必要不可欠になります。

サイトによって特色が異なりますので、よく調べてから掲載するサイトを決めることが成功への近道です。

広告掲載を活用した求人方法については、下記の記事を参考にしてください。

また、質の良いセラピストを揃えるには、掲載内容にも気を配ることが大切です。

料金などの情報はもちろんですが、店舗やルームの雰囲気や待遇など、働く上でセラピストが気になるであろうことをしっかりと記載しつつ、自店舗の強みをアピールしてみてください!


さらに最近では、SNSの大幅な普及により、Twitterなどで情報収集をする方が増えています。

メンエス経験者の方であれば、Twitterのアカウントを持っている可能性が高いので、そちらでの求人も有効かと思います。

SNSでの求人方法については、下記の記事をご覧ください。

とは言っても、セラピストの求人を行う上で、やはり求人サイトへの広告掲載は必要不可欠になります。

  • 広告掲載+αでSNSでの求人

上記が当サイトがおすすめする一番の求人方法になります。

広告掲載による求人のポイントをしっかりと抑えた上で、SNSを活用して+αの求人活動を行っていくことが大切です。

また、入れ替わりの多い業界ですので、人数ギリギリの状態で営業をするのではなく、余裕を持った状態で店舗の営業ができるよう、開業後もセラピストの求人には常に気を配るようにしましょう!


集客広告に掲載

せっかくメンズエステを開業したのに、誰にもお店を知ってもらうことができず、全く稼ぐことができないということになっては困りますよね。

安定した売上を獲得するためには、集客サイトへの広告掲載が必要不可欠になります。

サイトによって強みが異なりますので、よく調べ、より自店舗の特色にあったサイトに広告掲載をすることが重要です。

当サイトでも、おすすめの集客サイトをご紹介していますので、ぜひこちらも併せてご覧ください。

まとめ成功の秘訣

いかがでしたでしょうか。

メンズエステの開業を成功させるためには、開業に向けた準備がとても重要になります。

事前の準備をどれほど念入りに行ったかが、その後の経営状況を左右すると言っても過言ではありません。

1つずつ着実に開業に向けた準備を進めていきましょう。

開業に向けた準備
  • 出店エリアと物件を決める
  • 店舗のコンセプトを決める
  • オフィシャルHPを用意する
  • 求人広告に掲載+店舗SNSを作成し、セラピストを募集する
  • 集客広告に掲載する

尚、下記の記事でメンズエステ開業のための基本知識をご紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

メンズエステの開業についてもっと知りたいという方は、当サイトの問い合わせフォームからご連絡ください。


広告掲載については広告代理店に相談をすることで、最新の情報やお得なキャンペーンを知ることができます。

既に掲載している集客求人サイトで反響を出す方法についてアドバイスをもらうこともできますので、こちらも興味があればぜひお問い合わせしてみてください!

最後に、みなさまのメンズエステ開業が成功しますよう応援しております!

Pocket
LINEで送る